• ホーム
  • アフターピルで血栓症になる人はマイルーラがおすすめ

アフターピルで血栓症になる人はマイルーラがおすすめ

望まない妊娠を防ぎたいときはアフターピルが役立ちますが、避妊率は高いものの、副作用として血栓症になるリスクが高まります。
他にも吐き気やおう吐、頭痛、めまいなどが起こったり、胸の張りや腹痛、体重増加などが起こることもあるので、それがひどい場合は、別の方法で避妊しなくてはなりません。
アフターピル以外の方法をお探しなら、避妊用フィルム殺精子剤のマイルーラ米国版(VCF)を利用することをおすすめします。
アメリカではごく一般的に使われているもので、薬局などへ行けば、誰でも手に入れることが出来ます。
アフターピルに比べると、血栓症のリスクが少ないですし、マイルーラは殺精子剤としては米国ナンバー1のApothecus社の製品なので、高い信頼性があります。

マイルーラは、女性の膣内でフィルムを溶かして、子宮頸をおおうことで妊娠を防げるので、適切に使えば、コンドームの使用時に近い、避妊効果があるといわれています。
マイルーラの有効成分Nonoxynol-9には、精子の尾の部分の運動性をなくして殺したり、麻痺させることにより、膣までの通行を不可能とする働きがあります。
マイルーラの使用上の注意事項は、行為の度に、新しいフィルムを使用すること、フィルム挿入から3時間以上経過した場合は、新しいフィルムを使用することです。
また、口に入れてはならず、妊娠中や、妊娠の可能性がある人は使用不可となっているので気をつけましょう。
溶ける時間には個人差がありますし、HIVや他の感染症は防ぐ効果はありませんし、避妊が100%可能になるわけでもないというのは知っておいてください。
マイルーラはアフターピルと同じく、個人輸入代行通販を利用すれば購入することが出来ます。

関連記事
アフターピルの処方はお値段いくら? 2019年08月20日

アフターピルの処方は、全ての産婦人科などの医療機関で行っているわけではありません。そのため、処方を希望するときには、一度産婦人科などに電話で確認してからの方が良いでしょう。処方してくれる病院が見つかっても、健康保険証は基本的に必要ありません。アフターピルの処方には健康保険が利用できないため、診察代と...

女性ホルモンのバランスをアフターピルで整える 2019年09月25日

アフターピルは、避妊をせずにセックスを行った場合や避妊をしていたのに失敗してしまった場合に、72時間以内に服用することで妊娠を回避できるための緊急避妊薬です。失敗に気づいた時点でなるべく早く服用することで最も高い避妊効果を得られることができますが、アフターピルを服用したからといっても必ず妊娠しないわ...

亜鉛不足の周期を考えてアフターピルを服用する 2019年10月28日

亜鉛不足が起きると味覚異常になるので、甘さが不足しているように感じて砂糖を使いすぎてしまったり、必要以上に味付けを濃くしてしまうことがあります。また爪や髪の毛も亜鉛によって作られているので、不足していると爪が割れやすくなったり、髪の毛が細くなるなどの症状がでます。亜鉛不足を解消するためには牛肉や牡蠣...

通販サイトでアフターピルが買える 2019年10月11日

アフターピルは、避妊に失敗したときに服用することで、妊娠を回避できる緊急避妊薬です。通常は、婦人科を受診して処方してもらいますが、婦人科によっては取り扱っていないこともあります。アフターピルは、72時間以内に服用する必要があるため、休日だったり、婦人科を探すのに時間がかかっていては、間に合わないこと...

自律神経失調症の方はアフターピルの服用に注意 2019年09月09日

アフターピルは、避妊に失敗した可能性があるときに、望まない妊娠を避けるために緊急に服用する薬です。性交渉から72時間以内に、医師の処方、指示どおりに服用することで、妊娠を回避できる可能性が8割程度、得られるものです。しかし、アフターピルを服用することで、吐き気や嘔吐、頭痛や倦怠感、下腹部の痛みやむく...