• ホーム
  • アフターピルの服用で起こる主な副作用

アフターピルの服用で起こる主な副作用

心配している女性

アフターピルは緊急避妊薬と呼ばれコンドームが外れてしまったり、様々な理由により避妊ができなかった場合に服用する避妊薬です。
性交の際に避妊に失敗した場合決められた時間内にアフターピルを服用する事によって卵子の受精や受精卵の着床を防止する効果があります。
アフターピルを性交渉後24時間以内に服用した場合95%、72時間以内に服用した場合75%の避妊効果があると言われています。
アフターピルを服用すると消退出血と呼ばれる出血が起こります。
これは子宮内膜を強制的にはがしているために起こります。
早い人では数日後に出血があり、出血が確認できれば避妊成功となります。
出血が無かったり月経の予定日を過ぎても生理が来ない場合は妊娠しているか確認する必要があります。

アフターピルの副作用は主に吐き気や頭痛、胸の張り、生理痛のような痛み、不正出血等が挙げられます。
これらの症状は女性ホルモンを大量摂取する事によって引き起こされます。
ホルモンを吐き気としてはつわりのような吐き気を催しますが吐き気止めを服用する事で症状を軽減させる事ができます。
消退出血がおこるためめまいや頭痛などの生理の時と同じような症状も引き起こされます。

緊急避妊が失敗して妊娠したとしてもアフターピルの影響はないと言われています。
理由としては妊娠時には身体から緊急避妊薬の10倍以上もの女性ホルモンが分泌されるため、アフターピル程度の女性ホルモンの量では胎児に影響を与える事はありません。

アフターピルはあくまでも緊急的な避妊を行う薬で、値段も高額です。
辛い副作用があるほか精神的にも負担が大きいため、普段から経口避妊薬を飲んだり避妊具を付けるなどして妊娠を避ける事が大切となります。

関連記事
アフターピルの処方はお値段いくら? 2019年08月20日

アフターピルの処方は、全ての産婦人科などの医療機関で行っているわけではありません。そのため、処方を希望するときには、一度産婦人科などに電話で確認してからの方が良いでしょう。処方してくれる病院が見つかっても、健康保険証は基本的に必要ありません。アフターピルの処方には健康保険が利用できないため、診察代と...

女性ホルモンのバランスをアフターピルで整える 2019年09月25日

アフターピルは、避妊をせずにセックスを行った場合や避妊をしていたのに失敗してしまった場合に、72時間以内に服用することで妊娠を回避できるための緊急避妊薬です。失敗に気づいた時点でなるべく早く服用することで最も高い避妊効果を得られることができますが、アフターピルを服用したからといっても必ず妊娠しないわ...

亜鉛不足の周期を考えてアフターピルを服用する 2019年10月28日

亜鉛不足が起きると味覚異常になるので、甘さが不足しているように感じて砂糖を使いすぎてしまったり、必要以上に味付けを濃くしてしまうことがあります。また爪や髪の毛も亜鉛によって作られているので、不足していると爪が割れやすくなったり、髪の毛が細くなるなどの症状がでます。亜鉛不足を解消するためには牛肉や牡蠣...

通販サイトでアフターピルが買える 2019年10月11日

アフターピルは、避妊に失敗したときに服用することで、妊娠を回避できる緊急避妊薬です。通常は、婦人科を受診して処方してもらいますが、婦人科によっては取り扱っていないこともあります。アフターピルは、72時間以内に服用する必要があるため、休日だったり、婦人科を探すのに時間がかかっていては、間に合わないこと...

自律神経失調症の方はアフターピルの服用に注意 2019年09月09日

アフターピルは、避妊に失敗した可能性があるときに、望まない妊娠を避けるために緊急に服用する薬です。性交渉から72時間以内に、医師の処方、指示どおりに服用することで、妊娠を回避できる可能性が8割程度、得られるものです。しかし、アフターピルを服用することで、吐き気や嘔吐、頭痛や倦怠感、下腹部の痛みやむく...